自分で出来る自律神経調整

心がけ健康幸せ暮らし生活

自分で出来る自律神経調整のページ


心がけ自分で出来る自律神経調整

小さい事ですが毎日笑顔を忘れず、自分で出来る自律神経調整家族を大切に思いながら生活の中の工夫や心がけひとつで心がけ自分で出来る自律神経調整を満喫しています。いつかは子供達も巣立ち社会人になり一人暮らし生活をはじめてもいいように小さいけれどキラっと光る心がけ健康幸せ暮らし生活の知恵を集めてみました。どれも簡単でいつでも出来て手軽なものばかりです。家事がとても楽しくなりそうです。ちょっと困ったときに知っているだけでも暮らし生活の知恵満載です。


自律神経には、交換神経と副交感神経の二つあります。体を動かすときの活動状態に働く神経が交換神経です。その反対に体を休めるとき体が休息するときに働く神経が副交感神経です。

交換神経・・・目を覚まさせるときや、血管を収縮させるとき、血圧を上げるときに交換神経が働きます。

副交感神経・・・リラックスの状態を保つときや心拍数を減らしたり、眠りたくなったり体を休めるときに副交感神経が働きます。
 自律神経が集中している左右の指先を刺激する方法は普段自分でできて自分で出来る自律神経調整する方法のひとつです。

親指・・・頭皮に刺激になり円形脱毛症に効果があります。

人指し指・・・胃や腸を刺激してくれます。

中指・・・聴覚の関係とくに耳鳴りには効果があるといわれています。

薬指・・・体を活動的に導く交換神経を刺激してくれます。

小指・・・肩こりや頭痛、自律神経失調症や心の不安など体の中の痛みなどの効果があります。

ポイント・・・1本だけにはしないで、各5本の指の爪の先を刺激させます。
体はリラックスの状態に入り副交感神経の働きで気持ちもおだやかになってきます。

毎日仕事やプライベートなど多忙に過ごしたり、定年などで自分の時間ができて気が抜けたり現代社会をとりまく環境は過度のストレスで自律神経のバランスを崩しがちですが、小さな工夫によって自分で自律神経を調整していることにつながります。



生活の中でメリハリをつけることが自然に自分で自律神経を調整していることにつながります。一日の終わりはゆっくりお風呂に入り体を休めて副交感神経を促し、活動と休息のメリハリを自律神経に伝えることでバランスが整っていくようになります。


  暮らし生活環境改善   暮らし生活食事で体調改善   暮らし生活適度な運動で体質改善
  暮らし生活の時間の使い方   暮らし生活のダイエットレシピ   暮らし生活のストレス改善
  自分の時間の創り方   体調不良の改善おかず    自分で出来る自律神経調整
  スケジュールの管理   人気和風のおかず   簡単エクササイズ
  自分の目標設定   水分補給の大切さ   老眼改善
  食生活のセルフチェック   バランス体操を楽しむ
  暮らし生活の掃除術   暮らし生活快適な睡眠術   自分で体の痛みをとる
  キッチンの掃除   アロマテラピーでリラックス   暮らし生活裏わざメモ
  玄関の掃除    ハーブティーと中国茶で疲れをとる   ひとり暮らし生活を楽しむ
  お風呂の掃除  
  トイレの掃除

 
   
Copyright(C) 心がけ健康幸せ暮らし生活 All Rights Reserved