口内炎がおきる

心がけ健康幸せ暮らし生活

口内炎のページ


心がけ口内炎改善食事

小さい事ですが毎日笑顔を忘れず、健康生活家族を大切に思いながら生活の中の工夫や心がけひとつで心がけ健康生活を満喫しています。いつかは子供達も巣立ち社会人になり一人暮らし生活をはじめてもいいように小さいけれどキラっと光る心がけ健康幸せ暮らし生活の知恵を集めてみました。どれも簡単でいつでも出来て手軽なものばかりです。家事がとても楽しくなりそうです。ちょっと困ったときに知っているだけでも暮らし生活の知恵満載です。

普段に家で食べているおかずを少し工夫することで健康にも良い体調不良の改善おかずができます。
おいしく食べて体調をコントロールしながらいきいき食生活体調不良の改善おかずを楽しみたいものです。 

口内炎とは、口内粘膜にできる炎症を言います。多くの種類があり、カタル性口内炎、びらん性口内炎、かいようせい口内炎、びらん性口内炎、えそ性口内炎、などがあります。口内炎は、原発性口内炎、症候性口内炎など他の病気の症状として起こるものもあります。歯肉などの粘膜が赤くなり、口内炎の種類によって、アフタ、びらん、かいようなど形成します。接触痛や刺激痛などがあり、触ったり味の濃い食べ物をとると痛みますが、痛みは多くても1週間ほどで収まります。一般に原発性口内炎が経過が短いのに対し、症候性口内炎は長引くのが特徴です。1週間たっても痛みが治らない場合は、単純な口内炎ではなく、ほかに重大な病気があることを疑ってみる必要があります。その場合は、歯科、内科などで受診してください。

口内炎がおきるは、栄養状態や体調が悪いときにおこりやすくなすます。

レバーと小松菜のサラダ チーズ風焼き豆腐 プロバンス風さば
海草のサラダ 茎のキャベツの炒め煮もの 青梗菜の牛乳煮
オクラのピーナッツあえ

口内炎がおきるは体調をくずしたときや疲労時におこるもので、ウイルス感染、カンジタ菌など
原因はたくさんありますが、軽い口内炎がおきる場合は、食事に気をつけることで防げれます。

ビタミン群が欠乏をすると皮膚や粘膜に炎症を生じ、潰瘍状態になります。
特にビタミンB2が不足すると口内の粘膜組織の破壊により、口のまわりや口内炎など炎症します。ビタミンB群をよくとりましょう。

口内炎の原因の多くの場合は、各種ウイルス、口内細菌などの感染で起こります。そのほかの原発性口内炎には、合わない義歯で口内粘膜を傷つけたり、誤って噛んだりして起こる外傷性口内炎、単純疱疹ウィルスによる疱疹性口内炎などがあります。症候性口内炎の原因となる病気には麻疹、腸チフス、感冒、各種血液疾患などがあります。


疲れやすい 食欲がない 胃がもたれる
肩がこる イライラしやすい かぜをひきやすい
目がつかれやすい 口内炎がおきる 二日酔い
お腹が不調 貧血ぎみ スタミナ不足
肌の老化 太りはじめた 糖尿病
コレステロール 通風 ガン
 
Copyright(C) 心がけ健康幸せ暮らし生活 All Rights Reserved