甲状腺の病気 甲状腺の病気を完治に向けて!
          甲状腺が再発してしまったけど完治に向けての体験 !

甲状腺のホルモンについて

甲状腺のホルモン

甲状腺の病気が30年ぶりに極なストレスから再発してしまいました。
                                                  

甲状腺は、

甲状腺ホルモン

を作り出す内分泌器官です。

ヨードを原料にして甲状腺 のホルモン を作ります。基本的にはアミノ酸とヨードからなっています。仮に甲状腺が無くなっても甲状腺ホルモンさえ飲んでいれば一生健康に暮らしていることができるとも言われています。甲状腺 のホルモン の働きは、新陳代謝を活発にするホルモンで人間が生きていく上でなくてはならないホルモンです。逆に不足すると体内でエネルギーが作れなくなったり快適な生活が遅れず神経系が障害されたりします。
新陳代謝を促す甲状腺ホルモンは、食べ物をエネルギーに変え体中の細胞の新陳代謝を促す働きをしています。

このホルモンが正常に働かなければせっかくの中に栄養を取り込んでもエネルギーに変えることができません。

甲状腺ホルモンは、ごくわずかなようで非常に効果的に働きます。

体に取り込んだタンパク質や脂肪、炭水化物、水分が体内で充分に利用されます。

その結果新陳代謝が活発になり全身に活力になってきます。

新陳代謝のコントロールは食べ物として取り込んだエネルギーを体中の細胞に届け必要な物質に変える仕組みを

新陳代謝といいます。(子供の場合は成長促す作用があります。)

神経系と内分泌系の働きによってコントロールされているのです。

甲状腺ホルモンが増えすぎると新陳代謝が活発になりすぎて、食欲があるの体重がどんどん減ってしまいます。

そして、体温が高めになり微熱が出ます。夏は冷房が効いた部屋でも暑く感じることがありよく汗が出ます。

心臓の動きを活発になるため脈拍が早くなり少し歩いただけで息切れや動悸がします。

そして体がとても疲れやすくなります。

この状態をそのままにしておくと心臓の鼓動が不規則になったり不整脈や心臓の筋肉が弱くなって

心不全になることもあります。甲状腺ホルモンは消化管にも働いて腸の働きを活発にします。

甲状腺ホルモンが多すぎる場合は下痢をしやすくなり、食べても痩せる傾向があります。

コレステロールの値も高まるためにコレステロール値が低くなり食べたものがすぐに腸に運ばれるので

吸収が早くなって血糖値が上昇しやすくなり尿糖が出てに糖尿病の症状になったりします。

甲状腺ホルモンは増えると骨を溶かす働きもあり骨のカルシウムの量がしだい減っていきます。

対人関係では、早口になったりせっかちになったり動作も早くなりイライラすることが多くなります。

それから考えがまとまらなかったり高齢者では元気がなくなったりうつ病の状態になることもあります。

血液中の甲状腺ホルモンが不足すると甲状腺のホルモンの分泌が増えます。

逆になると甲状腺ホルモンが多くなりすぎると甲状腺ホルモンの分泌は減少します。

調節されて甲状腺ホルモンの血液中の濃度は常に一定に保たれているということになります。

私の場合は、汗がよく出て夏でも冷房の中の部屋にいても常に体温が熱く感じていました。

そして集中力に欠けて精神的にもイライラして考えがまとまらなかったと思います。

常に動悸、息切れを感じ体の中に酸素が足らなくなったような気持ちになりよく深呼吸をしたものです。

体重7キロ減ってしまいガリガリに痩せていました。

当時は気力で頑張っていたのだと思います。

そして不思議なことに食べても太らなくなった体質だと自分で思い込んでいました。

母の勧めもあり病院で診察することになったのです。

2008年6月4日検査の結果が出ました。

甲状腺の病気は、完治していました。
下記が検査結果です。
自然完治です。
心がけ・・・ストレスをためないで毎日を楽しむことと
何事もプラス思考に自分の考えを持ちながら・・を飲むことです。
・・は丸秘ですよ〜。


 <TOPページ>
甲状腺の病気
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副甲状腺機能亢進症
副甲状腺機能低下症
慢性甲状腺炎
甲状腺 のホルモン
甲状腺の再発を予防
甲状腺アイソトープ
甲状腺橋本病
甲状腺のしこり
甲状腺の腫れ
甲状腺と普段の生活
バセドウ病を放置すると
甲状腺は遺伝するのか
甲状腺 エコー
甲状腺の治療
ストレス解消法
食事のとり方
お酒について
運動について
私の心がけ

Copyright(C) 心がけ健康幸せ暮らし生活 All Rights Reserved