甲状腺の病気 甲状腺の病気を完治に向けて!
          甲状腺が再発してしまったけど完治に向けての体験 !

副甲状腺機能亢進症のページ

副甲状腺機能亢進症

バセドウ病甲状腺の病気が30年ぶりに極なストレスから再発してしまいました。
                                                  

副甲状腺機能亢進症について


副甲状腺機能亢進症
は、甲状腺の裏側に四つあり血液中のカルシウムを一定に保つ働きをしているため、

腫瘍ができて機能が亢進すると、血中カルシウムが異常に増えます。

副甲状腺機能亢進症は、 食欲不振や体重減少、関節痛、腹痛、筋肉痛、脱力感などが症状としておこり

骨のカルシウムの引きだされるので筋肉や骨が弱まります。

肝臓から尿に大量のカルシウムが出るため肝臓結石になりやすく肝臓の機能も侵されます。

治療方法は手術で腫瘍を除去します。
副甲状腺の機能異常には、機能が進みすぎてしまう副甲状腺機能亢進症が多く見られます。

女性に多く、男女比は1対6です。原因は、副甲状腺に良性腫瘍や悪性腫瘍ができるなど、

副甲状腺自身にトラブルが生じるものかほとんどです。

腎臓が悪く人工透析を行っている人に起こる場合もあるそうです。

副甲状腺機能が進み、副甲状腺ホルモンの分泌が過剰になると、カルシウム代謝のバランスが崩れます。

その結果さまざまな症状が現れます。副甲状腺機能亢進症は、発見しにくい病気でしたが、

最近では血液検査で発見されることが多くなりました。

検査では、血液のカルシウム濃度や副甲状腺ホルモンの量を調べます。

そうすれば症状が現れているうちに発見できることもあります。

主な症状は、のどが渇き食欲低下や便秘、イライラなど組織吐き気の症状が出ます。

長期間続くと尿路結石ができたり、骨がもろくなります。

治療方法は、副甲状腺の一部または全部を取る手術が第一選択。すべての人が手術を訳ではなく、

症状の強さや腕の状態、副甲状腺機能考えて、治療方法をします。

血液中のカルシウム濃度がわずかに高いだけで、はっきりした症状がないなら治療をしながら慎重に経過を見ます。

副甲状腺ホルモン・・・血液中に分泌されると骨に蓄えられているカルシウムが血液中に放出され、

腸からのカルシウムの吸収が促され、血液中のカルシウム濃度が高まる。

血液にのって運ばれてカルシウムは、全身の筋肉や細胞で使われます。

副甲状腺・・・血液中のカルシウム濃度が一定に保たれるように、

副甲状腺ホルモンの量を増減して調整する働きがあります。


症状が軽いうちにはほとんど自覚症状はなくて気が付かない場合がほとんどです。

重症になると口が渇いたり、

疲労感や腹痛など関節の痛みや皮膚のかゆみなどの症状が出てくる場合もあります。

2008年6月4日検査の結果が出ました。

甲状腺の病気は、完治していました。
下記が検査結果です。
自然完治です。
心がけ・・・ストレスをためないで毎日を楽しむことと
何事もプラス思考に自分の考えを持ちながら・・を飲むことです。
・・は丸秘ですよ〜。



30年ぶりに甲状腺のバセドウ病が再発してしまいました。仕事の重圧、人間関係で精神的にも体力的にも無理が重なってプライベートでも極度なストレスを感じてしまい頑張り続けている体が甲状腺に反応したのだろうと思います。それから4年ぐらい薬を飲み続けて完治に向かっています。私の体験が甲状腺を治療している方や他の病気で頑張られている方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。
<TOPページ>
甲状腺の病気
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副甲状腺機能亢進症
副甲状腺機能低下症
慢性甲状腺炎
甲状腺 のホルモン
甲状腺の再発を予防
甲状腺アイソトープ
甲状腺橋本病
甲状腺のしこり
甲状腺の腫れ
甲状腺と普段の生活
バセドウ病を放置すると
甲状腺は遺伝するのか
甲状腺 エコー
甲状腺の治療
ストレス解消法
食事のとり方
お酒について
運動について
私の心がけ

Copyright(C) 心がけ健康幸せ暮らし生活 All Rights Reserved