甲状腺の病気 甲状腺の病気を完治に向けて!
          甲状腺が再発してしまったけど完治に向けての体験 !

甲状腺橋本病 のページ

甲状腺橋本病

ってどんな病気?
                                                 

甲状腺橋本病ついて

甲状腺が慢性の炎症を起こし、首の全体的に腫れたり、一部のしこりが出来る人もいます。

炎症が軽いうちは、甲状腺ホルモンを作ることができますが、

炎症が進むと甲状腺ホルモンが作れなくなってしまうこともあります。

ただし甲状腺機能低下は橋本病の多くの人には起こらない現象だそうです


甲状腺の病気には、治療の必要がなくて甲状腺の病気でも最も多い慢性甲状腺炎、甲状腺橋本病です。

甲状腺が腫れているだけで甲状腺の異常がない場合には単純性甲状腺腫といいます。

診断に甲状腺の異常や症状は何も見られません。

甲状腺が少し腫れたりしているの場合は主に思春期の女性に多く見られます。

順位思春期には甲状腺のホルモンの需要が増すので甲状腺が大きくなるかという説がありました。

甲状腺リンパ球が入り込んでいる場合もありこれは橋本病であることが多いようです。

慢性甲状腺炎は橋本病ともいわれています。

甲状腺橋本病は、甲状腺ホルモンが減少します。

甲状腺ホルモンが不足しておこる炎症や自己免疫の甲状腺橋本病により甲状腺が破壊されるものや、

甲状腺ホルモンの分泌を刺激する甲状腺刺激ホルモンの分泌低下などがあげられます。

軽い慢性甲状腺橋本病の場合は、ヨードの食事を取り過ぎないように気をつけます。


橋本病は、症状が分かりにくく、発見しにくいですが一般の健康診断でも発見されることがあります。

血液中のコレステロールの量は、脂肪の多い食事を取りすぎると多くなりますが、

甲状腺ホルモンが不足しても多くなります。

コレステロールが甲状腺ホルモンが減ると増え、甲状腺ホルモンが増えると減るという関係にあるのです。

このことから血液検査でコレステロール値を調べれば、橋本病を疑ってみることができます。

橋本病でも甲状腺機能が正常な人は、コレステロール値をある程度の目安とすることで、

機能低下が起こっていないかを知る手がかりとなるでしょう。



元気がなく居眠りばかりしていたり、老化と間違えられたり、

特発性粘液水腫など首の腫れがないため一見して原因がわかりにくい場合もあります。

更年期障害?うつ病?それでも検査をすればすぐわかります。

憂鬱そうで無気力になったりうつ病と間違われやすい場合があります。



特発性粘液水腫・・・原因不明で甲状腺が破壊されて萎縮したりする。
         
           橋本病と同じような甲状腺機能低下があり、首の腫れがないのが特徴。

2008年6月4日検査の結果が出ました。

甲状腺の病気は、完治していました。
下記が検査結果です。
自然完治です。
心がけ・・・ストレスをためないで毎日を楽しむことと
何事もプラス思考に自分の考えを持ちながら・・を飲むことです。
・・は丸秘ですよ〜。

 <TOPページ>
甲状腺の病気
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副甲状腺機能亢進症
副甲状腺機能低下症
慢性甲状腺炎
甲状腺 のホルモン
甲状腺の再発を予防
甲状腺アイソトープ
甲状腺橋本病
甲状腺のしこり
甲状腺の腫れ
甲状腺と普段の生活
バセドウ病を放置すると
甲状腺は遺伝するのか
甲状腺 エコー
甲状腺の治療
ストレス解消法
食事のとり方
お酒について
運動について
私の心がけ

Copyright(C) 心がけ健康幸せ暮らし生活 All Rights Reserved